こんな人にはこの青汁

今は第二次ともいえる青汁の大ブームです。
それにともない様々な青汁が発売されています。
でもあまりにも種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷ってしまうことも多いですよね。
1回で一番お気に入りの青汁を見つけるのは難しいかもしれませんが、できれば「これだ!」というものを早く見つけたいものです。
ここではその選び方のポイントを紹介します。

子供やダイエッター。こんな方にはこの青汁

子供のための青汁

青汁を購入するきっかけは様々ですが、その中でもトップクラスの理由の一つに「子供に飲ませたい」というのがあると思います。
成分や価格でこの青汁が最高!と選んでも大人は飲めても子供は飲めない(飲んでくれない)という青汁も多くあります。
一度青汁を「きらい・・まずい」と認識されてしまうと、その後他の商品に切り替えてもなかなか飲んでくれなくなってしまうものです。

「子供に飲ませたい!」というのが一番の目的なら、まずは「子供におすすめ」の青汁を選ぶのがベストです!

ダイエットのための青汁

以前は健康のために青汁をはじめる方が多かった印象ですが、現在ではダイエットの為に青汁を飲み始めたという方がとても増えている印象です。
置き換えダイエットとして考えればどの青汁も栄養素が高くダイエットに適していますが、更なるダイエット効果を狙った「ダイエッターのための青汁」も続々登場しています。
酵素がたっぷり含まれたフルーツ青汁や、むくみを解消する青汁、糖の吸収を抑えるものなど、ダイエットが一番の目的ならより効果的な青汁を選んでみるのが早道です。


妊婦さんにおすすめの青汁

妊娠中は青汁を飲んでもいいのでしょうか?
妊娠中は食べ物にもいろいろ注意を払わなくてはなりませんが、青汁は基本的には妊娠中でも飲んで大丈夫です。

というよりも不足しがちな栄養素を補うためにも是非、積極的に飲むべきです。

ただ、中には妊婦さんは飲まない方がいい青汁もあります。

妊娠中の方が安心して飲むことができる青汁をまとめてみました。

青汁嫌いな人が選ぶ青汁

青汁を飲んでみたいけど、どうしてもあの青臭い感じが嫌い・・苦いのは苦手・・という人も多いようです。
こういう方にはケールが原料ではなく「大麦若葉」を使った青汁がおすすめです。

ケールは青汁の原料の中でも特に癖の強い植物。しっかり苦さがあります(これが好きという人も多いのですが)。
しかし、大麦若葉はほとんど癖がないので青っぽい味はしません。代わりに「抹茶」などで味を付けています。
飲んだ感じはほとんど抹茶風味ですので青汁が苦手・・という人には大麦若葉の青汁が一番です。

忙しい人向けの青汁

今の一般的な青汁は粉末状になっています。これを水で溶かして飲みますが、とにかく忙しくて青汁を混ぜている時間がない、めんどくさい、外出先で青汁を作ることができないという方には粒タイプの青汁がおすすめです。
この粒タイプでしたらサプリメントのように袋から適量を取って飲むだけですので忙しい朝でも、会社でもどこでも飲むことが可能です。
旅行や出張先でもかさばることなくいつでも持ち運びできます。

なかなか青汁を作って飲むのが大変だなと思う方や、外出が多い方などは「粒タイプ」の青汁をおすすめします。

以上、目的別におすすめする青汁を紹介してみました。
子供におすすめ、ダイエット向きなど、目的に合わせてまずは選んでみると失敗がありません。
各ページにそれぞれの人気の青汁も掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。
お気に入りのピッタリな青汁が見つかりますように!