乳酸菌が入った青汁

乳酸菌入り青汁シンプルな青汁も人気ですが、最近では青汁にプラスアルファの成分が入ったタイプのものも増えてきています。
ここで紹介するのは青汁に乳酸菌が入ったもの。
この「乳酸菌入り青汁」は今とても人気が高くなっています。
「青汁に乳酸菌が入るとどんな相乗効果があるのか?」を解説するとともに
おすすめの乳酸菌入り青汁がを紹介します。

乳酸菌の効果って?

腸内環境を整える乳酸菌乳酸菌と聞くと、「体に良さそう」「便秘解消に効果的」「ヨーグルトに入っている」ということくらいはわかりますが、実際にはどんなもので、どんな効果があるのでしょうか?

乳酸菌は体内の糖類(ブドウ糖など)を分解し、乳酸を作る菌の総称です。

大腸には「善玉菌」と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌と「悪玉菌」と呼ばれる大腸菌やブドウ糖菌が存在しています。

腸内環境は善玉菌が多いと良い環境となり大腸の蠕動運動も活発行われ、便秘などの症状は起こりません

しかし、悪玉菌が多くなると腸内環境が乱れ、便秘などが起こりやすくなります

乳酸菌から作られる乳酸はこの悪玉菌を減らす働きをします

ですので、「便秘改善には乳酸菌!」と言われるのです。

乳酸菌は体内ではこのような働きをしますが、体内ではなくても酵素があるところでは生存することができます。
ですのでおなじみのヨーグルトなどに入っている乳酸菌も間違いなく乳酸菌の1つです。

乳酸菌の種類

乳酸菌には現在わかっているだけでも300種類以上あるそうです。

そしてその1つ1つに名前が付いています。各メーカーが独自に開発し特許を取得し名前を付けているものもあります。

たとえばヤクルトの開発したシロタ株(ヤクルト菌)、明治の開発した(LG21乳酸菌)、カルピスの発見したL-92乳酸菌などはメーカーが特許を持っています(ヨーグルト売り場でも良く目にする名前ですよね)。

他にもフェカリス菌(EC-12、FK-23)、ラブレ菌、クレモリス菌FC株など、どれも基本的には便秘予防・腸内改善は基本的な効果で、それにプラスして免疫力強化、花粉症予防などの効果があるものもあります。

どのくらいの乳酸菌を摂ればいいのか?

450gのヨーグルト乳酸菌だけで腸内環境を整えるためには1日に1兆個の乳酸菌を摂らなくてはならないそうです。

これはヨーグルトでいうと、大きな450gのパックで2個以上になります。

ヤクルトなら6本~7本。

…とかなりの量になり、なかなか食品で摂るのは難しいようです。
ただ今は乳酸菌サプリメントなどもありますので1兆の乳酸菌を摂ることも可能です。

ですが、青汁の場合は、乳酸菌だけではなく青汁そのものに食物繊維などもたっぷりと含まれていますので、その相乗効果でより効果を発揮するというわけです。

青汁にも本当にいろいろな種類がありますが、特にお腹の調子を整えたいと思っている方の場合は、この乳酸菌入り青汁を試してみるのもとてもおすすめです。

やわた 本青汁

やわた本青汁やわたの本青汁はしっかり乳酸菌が入っています。

この青汁に入っている乳酸菌はフェリカスE-12。
このフェリカスE-12もDHCの青汁の乳酸菌と同様に、腸内環境の改善、免疫力のアップ、花粉症やアレルギー対策などに効果的だと言われている乳酸菌です。

1杯あたりの乳酸菌の量は150億個

この他にもミカン1個分のビタミンCを摂取できるのが特徴です。

主原料はやはり大麦若葉で、すっきりとして飲みやすい仕上がりです。

価格は1,963円(税別)1杯65円と続けやすい価格設定になっています。




青汁は青汁だけでももちろん体にとてもいいものですが、このように乳酸菌や酵素などを一緒に摂取できるタイプのものも増えてきました。
青汁の選び方は価格や飲みやすさなどいろいろありますが、こういった相乗効果のあるものを選んでみるのもいいと思います。
特にお腹がいつもすっきりしないというのが理由で青汁をはじめる方にはぴったりなのがこの乳酸菌入りの青汁です。
DHCの青汁ややわたの青汁は価格もかなり抑えられているので家族みんなで飲むのにもおすすめです!